北九州で出会いがあり幼少期に必要とした

香月のしなやかな水
かつらぎと美しいうなじ箸北九州で出会い
二人でお茶屋で雨が降る

漢字が崩れている
3つの夏の季節北九州で出会い
幼少期の言葉
*
葛粉に水と砂糖を加え、火でよくかき混ぜます。葛は栄養価が高く、夏の終わりに食べる必要があります。

かつらと小さな猫と話す
(佐々木)北九州で出会い
かつらぎの滝が見えます
(成瀬桜桃子)
かつらに誘われたら歩く
(鈴木栄子)
かたさき
(後藤仁)
ガラス箸のみがゆるい

(長谷川レ)
水の流れに沿った破片
(秋代)北九州で出会い
公園と夕方の葛城
(小沢奈美)

これは子供じゃない

私はあなたに1ヶ月の紛争を与えます
(佐々木R)
口の端にはまだ甘さがあります
(河野美紀)

紛争はおいしいです。
「あさお」
あかあかあややぎこ
書かれてねじれている北九州で出会い
視線とダークブルー
ぶどうと落花生の夜でさえ
ハニーライフ
あなたを待っている種まき人
中古ミストと露
地球の沈黙の中でとても静かですか?
フェンスと金網に外国はありません
帰りの風が影を残す

北九州で出会い季節の言語は早朝の栄光です(朝顔/朝顔)

投稿日:
カテゴリー: 北九州