福岡の出会いという猫がいますが、竜之介にはガールフレンドがいます。家の近くで石井万近という雌猫と付き合っています。竜之介がどうやってマンコンを説得したのかわからない。正直、うらやましいです。

欲求不満だったので先日キャバレー部に話しかけ、清美という20歳の子供と30分で1万円払った。 福岡の出会いを交換したので清美ちゃんに福岡の出会いしても返事がありません。多分私は興味がありません。

私は女性とは何の関係もないので、恋愛小説を書くことはできますか?おそらく不可能です。自分が嫌いで必死になって「ボイド」という短編小説を書いて文藝春秋編集部に送った。私は過去に文藝春秋に何度も作品を送りましたが、すべて失われました。

ところが先日、文藝春秋さんから連絡があり、9月号に短編小説が掲載されるとのことでした。私はびっくりしました。その作品のどの部分が評価されたのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です