福岡の出会いで目が奪われました。それでは今。完全オリジナルスタイルです。そして、私はポスターを見つけました。 「うーん、古い映画はこちらです。」福岡の出会いでつぶやいた。運転していたので一瞬ポスターを見て通り過ぎました。テレビで何度も放映されました。挿入曲はサイモンとガーファンケルによるもので、素晴らしい曲がたくさんあります。なかでも、「スカボローフェア」
これは私の好きな曲です。しかし、その歌は叶えられなかった愛についてのものでした。映画では、2人の恋人はハッピーエンドで終わります。嬉しい、ささやきたい。結局、ハッピーエンドはいいですね!いつか私は映画館に行きます。
竹島関連の歴史的事実に関するビデオに反抗している国

嘘と虚偽の国であり、福岡の出会いにとって有利であると自己解釈し、犠牲者のように叫ぶ。

傾いている国の嘘と虚偽は歴史と経済に限定されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です