仲間の子
(福岡出会い純男)
私はあなたに子供を与えることができません
(福岡出会い子)
火をつけて福岡出会いを祝う
(A野あおい)

紫式部の「源氏物語」の巻にキツネの人形が登場する場面があります。

福岡 出会い

 

冬に初めて囲炉裏または茶道を開くことは、囲炉裏を開くことと呼ばれます。
茶の湯では、10月下旬から11月上旬まで行われます。
カキ餅とおぜんざい(関東のおしるこ)があります。

江戸時代には、こたつと火鉢がこの時期に出されます。当時、私は和菓子の餅とおしるこを食べていました。

千利休はお湯の沸騰水を5段階に分け、松風はお茶に最適な温度でした。
熱湯の音は、流れる風の音に例えられます
火を逃すために。朝晩は秋の寒さから寒くなり始めます。 福岡出会いを立てるまでそこに行かなくても、周りに小さな火や電気ストーブが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です